一般歯科

虫歯の治療はお早めに

虫歯は、お口の中に棲む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養源として酸を出し、その酸によって歯が溶かされる病気です。おそらく、ほとんどの人が一度はかかったことがあるのではないでしょうか。いったん虫歯になると自然治癒することはなく、どんどん症状が悪化していきます。

「痛み」や「冷たいものがしみる」といった症状が現れると、日常生活にも支障をきたしがちです。「虫歯かな?」と感じたら、なるべく早めにご来院ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

根管治療とは

根管治療とは、重度の虫歯に対して行う治療です。歯の根の部分にある「根管」の中から神経などを取り除き、洗浄・消毒したあとに薬剤を詰め、最後にフタをします。

歯の神経が虫歯菌に冒されると、抜歯が必要になる場合がありますが、根管治療を施すことで大切な歯を残せます。当院では、重度の虫歯であってもできるだけ歯を残せるように、根管治療をご提案しております。

様々な根管治療
抜髄(ばつずい) 歯の神経を抜き取る処置です。虫歯菌に冒された神経は、放置していると腐り膿が溜まってしまうので抜髄を行います。
感染根管治療 歯の神経が死んでいる場合や、過去の根管治療をやり直す場合などに行う処置です。根管が感染しやすい状態になっているので、治療には高度な技術が必要です。
外科的歯内療法 虫歯菌による炎症が骨にまで達した際に行う処置です。歯ぐきを切開し感染部位を除去し、その後詰め物をしてふさぎます。
マイクロスコープを用いた根管治療

根管は複雑な形状をしており、内部が肉眼で見えにくいため、これまでは医師の経験や勘に頼らざるを得ませんでした。しかし、マイクロスコープの使用により安全で確実な根管治療が可能になりました。根管内を拡大して確認できるため、精度の高い治療ができるようになったのです。安心して治療をお受けください。

根管治療の注意点
  • 治療には無菌的操作が必要なため、治療中はだ液の分泌を促す「うがい」はできるだけ避けるようお願いしております。
  • 治療中、しばらくお口を開けていただくことになりますが、疲れたとき・つらいときなどは遠慮せずお伝えください。
  • 治療後、一時的に痛みや腫れが出ることがありますが、大抵の場合数日で消失します。しばらく様子を見て、それでも治まらない場合はご連絡ください。
  • 根管治療は途中でやめてしまうと、症状がさらに悪化してしまうことがあります。自己判断で治療を中断しないようお願いします。

虫歯にならないためには予防することが大切です。