審美歯科

気になる銀歯も審美歯科で解決

口を大きく開けたときに、銀歯が目立ってイヤという方には審美歯科がおすすめです。審美歯科では、セラミックなどを用いて気になる銀歯を自然な白い歯にかえることが可能です。

メタルフリー治療について

かつては、保険診療内で虫歯治療をすると、詰め物や被せ物には主に金属が用いられてきました。しかしこのような金属(特にアマルガム)には、水銀・銀・スズなどの重金属が含まれており、金属アレルギーやその他体の不調を引き起こす原因になるおそれがあります。

当院では、体への悪影響を極力回避した、金属を用いない“メタルフリー”の治療を採用しています。「見た目が気になる」という以外にも金属アレルギーなどでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

審美歯科素材のご紹介

ハイブリッドセラミック
超微粒子セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材。セラミック独特の審美性と耐久性、プラスチックの柔軟性を上手く生かした詰め物・被せ物を作製できます。
メタルボンド
金属のフレームをセラミックでコーティングした素材。土台が金属でできているので耐久性があり、見た目にも美しいという利点があります。主に奥歯などに使用します。