小児歯科

子供の頃から歯のケアはしっかりと

小児歯科では、主に子供の虫歯予防・歯のケアを行っています。子供の歯は生後6か月あたりから生えはじめ、永久歯が生えそろう13歳ぐらいまでの間、急速に変化・成長していきます。とはいえ、子供は自身でのケアが不十分になりがちです。虫歯、歯並び・咬み合わせの乱れなど、トラブルが起きていないか親御さんが常に気を配ってあげましょう。

小児歯科の重要性

子供が虫歯になっても、「どうせ乳歯は抜けるから」と放置していませんか? それは、大きな間違いです。虫歯になると歯が痛くて食事などで十分に咬むことができなくなってしまうだけでなく、顎の成長に悪影響を与えたり脳の働きを鈍らせたりすることもあります。また、乳歯の頃から適切な口腔内ケアができていないと、大人になってからも虫歯になりやすくなってしまいます。

歯が生えはじめたときから歯のケアは始まっています。歯が生えたらできるだけ早めにご来院ください。定期的に口腔内をチェックして、健康状態を保ちましょう。

乳歯の役割

乳歯には主に3つの役割があります。

当院の小児歯科メニュー

シーラント
奥歯の溝に歯科用プラスチックを詰めて、食べかすが溜まらないように、かつ歯みがきをしやすいようにする処置です。シーラントをしたら、それが外れていないかも定期的にチェックしましょう。
フッ素塗布
歯質を強化するフッ素を歯に塗布することで、虫歯が出す酸に強い歯にし、虫歯になりにくくします。家庭用の歯みがき粉にもフッ素配合のものがありますが、本当にフッ素の効果を期待するならば、フッ素の塗布前にきちっとした歯のクリーニング・だ液防護などが行える歯医者での処置がおすすめです。
歯みがき指導
(仕上げみがき)
年齢や歯並び、口腔内環境に合わせて、それぞれのお子様に合った最適な歯みがき方法を指導します。また、親御さんにも正しい仕上げみがきの仕方を指導しています。